あのナイスバーディーモアーも!ふるさと納税で芝刈り機をゲット

兵庫県小野市のふるさと納税

ご自宅の庭に芝生があり定期的にお手入れをしている方に朗報です!

ふるさと納税の返礼品というと特産品などを思い浮かべる方が多いと思いますが、なかには芝刈り機を扱っている自治体もあります。

有名ブランド「ゴールデンスター」製の手動芝刈り機「ナイスバーディーモアー」など、日本製・高品質の商品を返礼品でお得にゲットしましょう!

今回はリール式芝刈り機のメリット、返礼品としてもらえる手動芝刈り機をご紹介します。

きれいな芝生を作るにはリール式芝刈り機がベスト!

芝刈り機で使われている刃の種類はロータリー式とリール式があります。

ロータリー式

丸い刃が地面と水平に回転し、雑草や芝生を切りそろえていきます

構造が簡単で刃の調整も不要なため機械に詳しくない人でも安心。

切り口が粗く葉先が茶色く変色することがありますが、雑草混じりの芝生、長い芝を大雑把に刈り込むのに向いています。

リール式

らせん状の刃が付いたリールカッターと固定式のベッドナイフという刃で挟み込んで切る方法です。

2つの刃の隙間の調整や刃研ぎのメンテナンスが必要ですが仕上がりは大変きれいで、ゴルフ場でも使われています

リール式の芝刈り機は長い芝を刈ることには不向きなので、普段から芝の手入れを頻繁に行い、きれいな芝生を維持したいと考えている人に向いています。

芝生を刈る時に大切なことは、芝のダメージを極力おさえ、切断面をきれいにすることです。

その点を考慮するとリール式の方が美しい仕上がりで、芝をきれいに保てるのでおすすめ。

リール式の商品の中でも手動、電動タイプがありますが、ご家庭で使うのであれば手動タイプの方がローコストで扱いやすく、騒音の心配もないのでおすすめです。

兵庫県小野市「ゴールデンスター芝刈り機」

ふるさと納税のお礼の品としてもらえる手動のリール式芝刈り機を3点ご紹介します。

全て有名ブランド「ゴールデンスター」の芝刈り機です

製造、販売を行っているキンボシ株式会社は、ふるさと納税の寄付先である兵庫県小野市に本社を構えています。

ゴールデンスター手動芝刈り機に共通する最大のメリットは、一般的にリール式の芝刈り機で必要な「刃の隙間の調節」が不要なことです

常に一定の力で受刃と回転刃がすり合う特殊機構が付いているので、機械が苦手な方でも扱いやすいです。

また、キンボシはもともと刃物のメーカーなので刃の切れ味が抜群で、心地よく芝刈りができると評判です。

小野市へふるさと納税を行う方法は、郵送・FAXで直接自治体に申し込むほか、「ふるさとチョイス」、「さとふる」といったふるさと納税専用サイトから寄付が行えます。

ワンストップ特例制度にも対応しています。

<手動式芝刈機>ナイスバーディーモアーDX

ナイスバーディーモアー

≪画像元:さとふる≫

重量5.8kgと軽量なので女性でも作業しやすく、シンプルな作りでお手頃価格。

コストパフォーマンスが良くゴールデンスター芝刈り機の中で最も人気のある商品です。

バネの力を使用し、2つの刃がハサミの様に常に正しい位置で擦り合うので調節がいりません

刈りの高さはワンタッチで4段階に調節可能。

刈った芝生がたまるキャッチャーが前側にあるので足元がすっきりして、電源コードもないので作業しやすいのがメリットです

作業時間の目安は1時間辺り約120平米(約36坪)程度です。

購入すると1万6,000円程度ですが、ふるさと納税であれば5万円の寄付申込みでもらえます。

手動式芝刈機GCX-2500R クラシックモアーレジェンド

クラシックモアーレジェンド

≪画像元:さとふる≫

複合鋼材刃という切れ味が良く折れにくい刃を使用している芝刈り機です。

鋭い切れ味が長期間持続するのでメンテナンスが楽なメリットがあります。

刈高はナイスバーディーモアー同様、ワンタッチで4段階に調節可能。

重量は11.2kgと重たいですが、その分動作が安定していてパワフルです。

1時間で約150平米(約45坪)の芝刈りが可能なので、比較的広い場所での作業に適しています。

定価は4万9,000円ですが、ふるさと納税であれば寄付金額12万円で返礼品として受け取れます。

手動式芝刈機GSH-2500Gハイカットモアーグラン

ハイカットモアーグラン

≪画像元:さとふる>≫

刈りの高さが6段階に調節可能で、高刈りに対応しているのが最大の特徴です。

上記2つの商品は刈り込みの高さが最高でも25mm。

夏場などうっかり芝生が伸びすぎてしまった場合の作業が難しいですが、こちらの商品は最高50mmの高さまで設定可能。

高刈りはソフトな仕上がりになるので、校庭や子供の遊び場に適しています

また、刈りの高さを変更してもキャッチャーの高さは変わらない作りなので、刈った芝生を落とさず確実にキャッチしてくれます。

定価は5万円。クラシックモアーレジェンド同様、寄付金額12万円で返礼品を申込めます。

まとめ

キンボシの芝刈り機

≪画像元:キンボシ株式会社

芝刈り機はホームセンターなどでもっと安価な商品が沢山売っていますが、刃がすぐに切れなくなってしまったり、仕上がりがいまいちだったり…。

信頼できる日本製の商品が安心です。

ご紹介したキンボシ製の商品は芝刈り機の代表的なメーカーであり、高品質だと口コミでも大好評

ふるさと納税を上手に活用し、ご家庭の印象を左右する大切なお庭を美しく保ちましょう!