ふるさと納税 2020年新春おせちの返礼品5選

お正月を彩る料理といえば「おせち」です。

おせち料理は正式には「御節料理」といい、節会(昔の祝日)を祝うための料理でした。現在では、最も重要な節日である正月を祝うための料理として定着しています。

おせち料理の内容は地域によって異なります。

例えば祝い肴の三つ肴は関東では黒豆・数の子・ごまめで、関西ではごまめの代わりにたたきごぼうを使用します。

地域によって特色があるのも、おせち料理の興味深い点といえるでしょう。

ここ数年、冷凍技術や物流の進歩から通販などでおせち料理を取り寄せるのも一般的になってきました。

ふるさと納税の返礼品としてもおせち料理が提供され、各地の特産品を使ったおせち料理は人気を博しており、早々に在庫が無くなってしまうおせちも数多くあります。

ふるさと納税の返礼品としておせちを選ぶことで、その地域の味を楽しめます。

たまには地元の味付けではないおせちを食べてみるのも良いかもしれませんね。今回は、そんな全国各地の魅力的なおせち料理の返礼品を5点ご紹介していきます。

和洋中おせち「鳳凰」 (寄付額40,000円 神奈川県山北町)

神奈川県山北町が返礼品として提供しているおせちは珍しい和洋中の三段重箱のおせちです。

和食のお重は紅白なますや昆布巻きなど定番のおせちに使われる料理が数多く使われており、19種類の料理が入っています。

洋食のお重は黒糖のローストポークや帆立のテリーヌ、きのこのマリネなど和の食材をふんだんに取り入れたメニューです。

中華のお重はエビチリソースや酢豚など、中華定番のメニューが多く取り入れられており、三段の料理を合計すると47種類もの料理が入っている豪華なお重です。

具材がどれも4つ以上入っているので、ご家族など4人で食べるのにちょうど良い分量です。

和食さくら新春おせち (寄附額60,000円 福岡県宗像市)

「神宿る島」としてユネスコの世界遺産に登録されている宗像神社を擁する福岡県宗像市のおせちは世界遺産である沖ノ島と宗像大社・中津宮・沖津宮に祀られている三女神をテーマにした二段重箱のおせちです。

「宝物」「貢物」をイメージした見た目も華やかな一品です。

黒糖豚ロースとやブリ西京焼き、ニシ貝山椒煮や宗像牛の網焼きなど、九州の恵みがふんだんに詰まっています。

二段重ながら7寸の大ぶりのお重で大人3人で食べても十分なボリュームの一品です。

オホーツクプレミア豪華おせち御膳 (寄附額161,000円 北海道網走市)

北海道網走市のおせちはオホーツク海で獲れる海の幸をふんだんに取り入れた豪華な一品です。

たらばガニ・松葉ガニ・毛ガニと3種類のカニやイクラなど16種類の海の幸をボリュームたっぷりに使用しています。

余りのボリュームに、一緒に送られてくる御膳に入りきらないのも一興です。

清河園オリジナル 謹製おせち料理(寄附額110,000円 埼玉県飯能市)

埼玉県飯能市のおせちは清河園・蜻蛉亭オリジナルの謹製おせちです。

市内の中心部を流れる名栗川(入間川)沿いの豊かな自然の中に店を構える市内の名店が提供するオリジンのおせちです。

大ぶりの七寸二重のおせちにはうずらの卵醤油漬け、梅くわい、鶴かまぼこ、栗きんとんや合鴨のロースト、迎春杉板包み、紅鮭青龍巻など36種類の料理が詰まっています。

大人4人〜5人で食べるのにちょうど良いボリュームです。

衣浦グランドホテル特性おせち二段重(寄附額80,000円 愛知県碧南市)

三河湾の最深部に位置している愛知県碧南市。そのランドマークになっている衣浦グランドホテルのおせちが返礼品として提供されています。

ふるさと納税の返礼品として採用されているおせちの多くが冷凍で届けられるのに対して、衣浦グランドホテルの特性おせちは冷蔵でお届けします。

冷凍に比べて鮮度や味が良い点も好評を得ている一因です。

和食一段、洋食一段の二段重のおせちはロブスター焼き、黒豆、昆布奉書、鯟昆布巻など伝統的なメニューから、三河産ポークのデミグラスソース、碧南産野菜のピクルス、碧南産人参とオレンジのパウンドケーキなど地元も産品をふんだんに取り入れた全29種類の特性おせちです。

和洋揃っており、4〜5人前あるのでご家族で楽しむのにちょうど良い量とメニューです。

 

以上、2020年の新春おせちの返礼品を5点ご紹介いたしました。

どれも申し込みは12月上旬まで、無くなり次第受付終了となるので、お早めに申し込むことをおすすめします。

ふるさと納税をまだ利用したことがない方も、この機会にぜひふるさと納税でお得におせち料理を入手してみてください。