ふるさと納税のポイント制度とは? 注意点も詳しく解説

今はポイントを活用して、お得に買い物をする時代です。

そして、それはふるさと納税でも同じことで、ふるさと納税のサイトでも、寄付をした時にポイントが付く自治体、若しくは返礼品があり、そのポイントを貯め、次回のふるさと納税の時に使うことが出来ます。

ポイントの割合は、各ふるさと納税サイトに依って異なります。

また、ポイントは、自治体が付けるタイプと、サイト自体が付けるタイプがあります。

こんなお得で便利な制度は、是非活用しましょう。

ふるさと納税のポイント制度とは?

ふるさと納税のポイント制度の中には、一般の通販会社のポイント制度とは少し異なるサイトがあります。

それは、ふるさと納税のサイトに、寄付する度にポイントが貯まるのではなく、“各自治体に”寄付金額に応じてポイントが貯まる、という仕組みです。

ですから、ある自治体に寄付をしてもらったポイントは、次回同じ自治体に寄付する時にしか使えません

一瞬不便に感じるかもしれませんが、お気に入りの返礼品が見つかると、ポイントはどんどん貯まるようになるので、次にそのお気に入りの返礼品へ寄付する際にはお得になります。

もちろん、1つのふるさと納税サイトで、どの自治体に寄付をしても、金額に応じてそのサイトに一括してポイントが貯まるところもあります。

こういったサイトでは、ポイントは全部を合わせた額で把握出来、しかもどの自治体に対する寄付にも使えるので大変便利で使い易いです。

どちらも1ポイントを1円として使えます。

また、「ふるなび」では、2019年4月から、各自治体からもらえるポイントを貯め、そのポイントを合算して、全国の高級食材を使った様々な国の料理を味わえるレストランで食事が出来る、『グルメポイント』として使えるようになりました。

ポイントを扱っていないサイトも

先述の様に、ポイント制度は各サイトで異なっているのが現状です。
ですから、ポイントについては、自分が使い易いと思うサイトを選ぶと良いでしょう。

ただ、沢山のふるさと納税サイトの中には、ポイント制度自体を取り入れていないところもあります。
ポイントを活かしたい場合は、ポイント制度が導入されているサイトかどうか、確認してから利用しましょう。

寄付金額に応じてアマゾンのギフト券コードがもらえるところも

ポイント以外に、「ふるなび」ではアマゾンのギフト券コードのプレゼントも行っています。

2019年10月11日~31日までは、初めて会員になった方に500円分が贈られるキャンペーンを行っています。

その他にも、

1. ふるなび会員で、ログイン状態で行われた寄付であること
2. ふるなび関連サービスのサイトから行われた寄付であること
3. クレジットカードでの決済に依る寄付であること

の条件を満たした寄付であれば、いつでも寄付金額の1%分のアマゾンギフト券コードがもらえます。

そして、2019年10月31日までは、レビューが5件未満の返礼品に対してレビューを投稿した方には、最大で200円分のアマゾンのギフト券コードが贈られるキャンペーンも実施しています。

ポイントは自治体のお礼品にしか使えないサイトも

一方「さとふる」で扱っている自治体の中には、ポイント制度を設けているところがあります。

しかし、さとふるのポイントは、貯めたり、次回に使うことは出来ません。

では、何に使うのかというと、寄付金額に応じて贈られたポイントを、その自治体のお礼品(返礼品以外)を選ぶのに使います。

例えば、1万円を寄付することで、2ポイントが贈られたとします。その場合、1ポイントのお礼品を2つもらうか、2ポイントのお礼品を1つもらうかを選びます。

ポイント制度を導入している自治体が少ないので、ポイント制度付きの返礼品を見つけるのはちょっと難しいかもしれません。

それ以外にキャンペーンで付与される他のサイトのポイントは、さとふるでは使用出来ないので注意しましょう。

中には、特定のカード会社を使うと、いつでもポイントが200円で5ポイント付く、というものがあります。

これは、さとふるのサイトからの寄付では付かず、カード会社に登録することが必要で、あくまでカード会社のポイントですので、さとふるでは使えません。間違えないようにして下さい。

その代わり、毎月返礼品のレビューを書いた方の中から抽選で100名にアマゾンのギフト券1,000円分が当たります。

人にもすすめたい、良い返礼品があったら、マイページからエントリーし、レビューを書いてみましょう。

ポイントも色々

見てきたように、ポイントが付くサイトも意外と限られていますね。

通販サイトでは、そのサイト内で使えるポイントが、他の商品を購入した時と同じ様に付きますが、それ以外の“ふるさと納税専門サイト“では、それが寄付のサイトであることもあり、高ポイントが付くところはあまりありません。

その代わり、アマゾンのギフト券コードを贈るサイトが増えています。

これだけポイント制度が流行っている昨今ですから、ふるさと納税サイトもこれから何らかのメリットを付けざるを得ない状況にあるのかもしれません、