ふるさと納税で地元の特産品を頼むなら高知県中土佐町「カツオ藁焼きタタキ」

高知県中土佐町の藁焼き

ふるさと納税返礼品の人気ランキングではなかなか肉や米に勝てない魚ですが、マグロやカツオは人気が高いですね。ふるさと納税の返礼品には地元特産でないものが含まれていることもありましたが、2019年の法改正から特産品要素が求められるようになっています。

地場特産品の見分け方として簡単なのは、産地や店名を名乗っているかどうかです。例えば高知といえばカツオですが「漁師町の老舗魚屋大将が厳選した本格カツオ藁焼きタタキ」は地元の鮮魚店の返礼品です。

冷凍が多い中、冷蔵で勝負

高知県中土佐町のふるさと納税返礼品「漁師町の老舗魚屋大将が厳選した本格カツオ藁焼きタタキ」です。

2万円の寄付でカツオのたたき×2節(約900g)が貰えます。特薬味(ねぎ、にんにく、特製たれ)も付いてくるので、届いてすぐに食べられます。中土佐町の店舗では当日に焼いたものが即完売してしまうほどだの人気です

高知県でおいしい魚が食べたくなったら中土佐久礼へ

中土佐町久礼は「カツオの消費量日本一」の高知県の中でも特にカツオのおいしい地域と言われ、漫画(土佐の一本釣り 青柳裕介/小学館)にもなったカツオの一本釣りで有名です。

「高知のおいしい魚を食べたくなったら久礼大正町市場に」と言われるほど、定評があります。

今回の「生カツオの藁焼き」はそんな久礼大正町にある魚屋さんがこだわり抜いた逸品です

また、久礼大正町市場を含む、久礼の港と漁師町の景観は、国選定重要文化的景観 に指定されており(漁師町としては全国で初)、土佐三大祭りの一つが行われる久礼八幡宮 や恵美須神社、高知県内最古の酒造メーカーでもある西岡酒造店がある本町商店街通り など、観光名所が豊富な風光明媚な土地です。

おいしいカツオのための6つのこだわり

このタタキは山本鮮魚店さんが「6つのこだわり」に基づいて作っています。

そのこだわりとは、

(1) 店主厳選の生カツオ
(2) さばいてみて良いものだけ使う
(3) 焼くための藁を自ら収穫して天日干し
(4) 藁の火のみで焼き上げる
(5) 焼き上がりに水分などを拭き取ってから、真空パックで鮮度と風味を閉じ込める
(6) こだわりの自家製タレ

その上、クール宅急便で即日出荷するので焼き上がりそのままのおいしさが味わえるのです。

食べる前から伝わるおいしさ

そのこだわりのカツオ、食べる前から違いを感じることができます

驚くのは生臭さが全くなくて切った時の弾力がプルンと保たれていることです。

切り身がまな板の上で立つんです。

「鮮度にこだわり抜いた」との言葉通りカツオ特有の弾力がしっかりとあって切り身の色も明るくて濃い赤色です

冷凍ものや鮮度の悪いカツオだと弾力が損なわれてしまい、色も暗めになります

また、サクの大きさも特筆ものです、3~4人前なら1本、6~7人前でも1~2本でした。

ほかの返礼品のカツオですと、3~4人前で1~2本、6~7人前なら3本くらいになりますので、中土佐町のカツオが如何に大きいかお分かりいただけるでしょうか。

大きいとそれだけ脂ののった身になりやすいので、よりおいしいカツオに当たりやすいと思います

≪画像は3~4人前です≫

藁焼きの香りに衝撃

実際に口にしてみると、力強い藁の香りに圧倒されます。

まるで燻製? と思えるほどスモーキーな風味がガツンと口から鼻へ抜けていきます。

これまで味わったことのない衝撃でした。

そもそも藁で焼いたカツオをこれまで食べたことがなかったので、藁で焼いたカツオはどれもスモーキーなのかもしれません。

ガスで焼いたカツオは水っぽくて外側がパリッとはしません。

炭焼きでもおいしいのですが、こんな力強い香りは絶対に付かないのです。

藁焼きに慣れた人からしたら、炭焼きでは物足りないでしょう

そんな地方の香りが色濃く漂う返礼品はまさしく「ふるさと」を感じさせる一品と言って良いと思います。

薬味も脇役にあらず

一緒に送られてくるニンニクとネギもタダ者ではありません

産地などは記載されていませんが、刻んだだけで強い香りがたってきます。

タタキの香りが強いので、薬味もしっかりとしていないと負けてしまうのですね

ニンニクはすりおろしても、スライスでも、揚げてチップにしてもおいしいです。

土佐流の食べ方は薬味もタレもたっぷり掛けてとのことですので、薬味のボリュームも十分あります

玉ねぎやみょうがのスライスもオススメのようです。

食べられるのはたったの3日

本返礼品の賞味期限は発送日から3日、冷凍の場合2週間となっています。

食べる日程がピンポイントで決められてしまいますが、寄付の申し込み時に返礼品が届く日を指定できますので、必ず食べられる日に送ってもらうようにしましょう。

※返礼品画像は「さとふる」より