東神楽町、楽器の査定額を控除する「楽器寄附ふるさと納税」受付開始

楽器寄附ふるさと納税

東神楽町立東神楽中学校は、北海道初となる取り組みとして、全国から使われなくなった「休眠楽器」を寄附してもらう「楽器寄附ふるさと納税」の受付を開始しました。

楽器寄附ふるさと納税

「楽器寄附ふるさと納税」は、市町村に不用楽器を寄附してもらい、楽器が不足している吹奏楽部や小中学校で再活用する取り組みです。

寄附額に応じて地域の返礼品を送るふるさと納税と異なり、現物を寄附してもらい査定額を控除する新しいスタイルのふるさと納税となります。

東神楽町は、三重県いなべ市に次いで、全国2番目の実施自治体になるとのことです。

吹奏楽部で使用する楽器の恒常的な不足の解消を目的にしており、まずはフルート、ユーフォニアム、クラリネット、チューバ、トランペット、トロンボーン、ホルンの7種類の楽器の募集から始めます。

申込みは専用サイトから。

査定後に、税金控除の案内が送られます。

楽器寄附ふるさと納税
https://www.gakki-kifu.jp/