ふるさと納税「バター/乳製品詰め合わせ」の人気ランキング!おすすめの「バター/乳製品詰め合わせ」定番返礼品をチェック

バターの人気ランキング

ふるさと納税で人気の、「バター/乳製品詰め合わせ」を紹介します。乳製品は日本全国で返礼品が充実しています。北海道安平町では、1万円の寄付でAll Japan ナチュラルチーズコンテスト受賞歴アイテムの詰め合わせ「はやきたチーズ」などのセットをもらえます。また岐阜県美濃加茂市に45,000円の寄付をすると岐阜県のスイーツとチーズの食べ比べができる、全5回のお届けコースを申し込めます。普段よく食す「バター/乳製品詰め合わせ」がおすすめです。

【バターにチーズなど】ふるさと納税は絶品の乳製品が充実

ふるさと納税の返礼品で乳製品を頼む人は多くいます。

牧場でとれた新鮮な牛乳を使って加工した乳製品のセットを受け取ることができるからです。

アイスクリームなど自分の好きなものに限定して注文してもいいですし、いろいろな乳製品のセットを注文して食べ比べてみるのもおすすめです。

これからふるさと納税にはどのような乳製品があるのか、

1. バター、2. アイスクリーム 、3. チーズ、4. ヨーグルト

の4つの乳製品について詳しく説明をしていきますね。

ふるさと納税は絶品の乳製品が充実

牛乳の生産量は北海道がダントツ! 国内産の乳製品ならどの自治体を選んでもハズレなし!

牛乳の生産量はやはり北海道が圧倒的に多いです。

ふるさと納税の返礼品も北海道産の乳製品を多く取り扱っています。

北海道の豊かな自然の風味が詰まった乳製品はやはり美味しいので狙い目です。

ただ、ふるさと納税は基本的に国内の特産品が扱われているのでどれを選んでもらってもハズレはありません。

産地や自治体によって大きく質が落ちることは少ないので安心して選んで頂けますよ。

1. ふるさと納税で頼むなら高級感あふれるプレミアムなバターがおすすめ

プレミアムなバター

ふるさと納税で食べられる乳製品の1つ目としてバターを紹介していきます。

ふるさと納税での相場 寄付金額5,000円で240g程度
おすすめの食べ方 じゃがバターなど

返礼品となっているバターの多くは近くのスーパーでは取り扱いがないようなちょっとリッチなものが多いです。

普段なかなか買えないようなものを受け取れるのが返礼品の魅力でもありますよね。

このように、スーパーには並ばないような高級感あふれるバターが人気を集めています。

【バターの種類】無塩バターと有塩バターはどっちがおすすめ?

無塩バターと有塩バターの違いについてご存知でしょうか?

その違いを簡単に説明するので見ていきましょう。

無塩バター

無塩バターはお菓子作りやパンなどに主に使われる塩を含有していないバターのことです。

優しいまろやかな味が特徴となります。

塩が含まれていない分、日持ちは有塩バターと比べるとやや短くなるので注意が必要です。

有塩バター

私たちがパンに塗る時や調理によく使うのが有塩バターです。

塩が入っているバターで、日持ちもし風味も味わい深くなります。

発酵バターの特徴と製法味の深みが違う! 発酵バターの特徴と製法

続いて発酵バターについても説明していきます。

発酵バターの製法と味の特徴

バターを作る製法は牛乳をクリーム状にしたものを固めて作られます。

その工程の中でクリームに乳酸菌を加えて発酵させたのが発酵バターです。

発酵バターは他のバターにはない匂いとコクが特徴です。

ヨーグルトのような香りと深いコクにハマる人も多く、トーストに塗るだけで格別の美味しさを楽しめます。

美味しいバターを使ったおすすめレシピ美味しいバターを使ったおすすめレシピ

バターを活用して楽しめるおすすめレシピを3つ紹介していきます。

せっかくなので、無塩バター・有塩バター・発酵バターと紹介をしていきますね。

レシピ1:(無塩バター)簡単バナナパウンドケーキ

薄力粉100g
ベーキングパウダー5g
砂糖50g
卵1個
無塩バター50g
牛乳30cc

バターは室温に戻し、上記の材料を全て混ぜ合わせる。

最後にバナナ 1~2本をスライスするか荒くつぶして生地に混ぜ、180度のオーブンで35分ほど焼き上げる。

しっとりふわふわのパウンドケーキが焼きあがります。

レシピ2:(有塩バター)人参グラッセ

人参1本
バター大さじ1杯
砂糖大さじ2分の1杯

人参を薄く切り、バターと砂糖を加えて、600wのレンジで1分30秒ほど過熱する。

1度お皿をざっくりとかき混ぜて更に1分ほど追加で加熱したら完成。

バターがまろやかな人参グラッセが出来上がり、お弁当のおかずにもぴったりです。

レシピ3:(発酵バター)発酵バターのオムレツ

卵2個
発酵バター大さじ1杯
醤油小さじ1杯

発酵バターをフライパンに入れ、バターが溶けてきたら混ぜた卵を入れて、醤油を加えたら完成。

醤油の香ばしさと発酵バターのコクがたまらない一品となります。

ふるさと納税で届いたバターの正しい保存方法

バターは賞味期限にかかわらず、開封したら2~3週間で使い切るのが正しいです。

空気に触れてしまうと風味が損なわれたり、雑菌がついてしまう可能性もあるからです。

では、バターはどう保存したらいいのかというと、おすすめなのは小分けして冷凍保存してしまう方法です。

1カットずつホイルでくるみ、密閉して冷凍をしておきましょう。

これで使いたい分だけ使うことができ、いつでも新鮮に味わうことができます。

ただし、冷凍保存した場合も霜がつくことを考えると1か月程度で使い切るようにしましょう。

2. ふるさと納税なら各地の有名アイスクリームも食べられる

アイスクリーム

ふるさと納税で食べられる乳製品の2つ目としてアイスクリームを紹介していきます。

ふるさと納税での相場 寄付金額1万円で12個
おすすめの食べ方 暑い季節やお風呂上りに

ふるさと納税では九州の「しろくま」や、北海道の「よつ葉 十勝アイスクリーム」などの各地の有名アイスも食べられます。

旅行に行かなくても名産品のアイスが食べられるなんて嬉しいですよね。

アイスクリームには賞味期限がない? 長期間の保存は霜に注意が必要

アイスクリームには賞味期限が記載されていないことを知っていますか?

なぜかというと、アイスクリームは冷凍保存ができるので、温度が著しく変化するのでなければ長期間の保存が可能となります。

とはいえ、ずっと冷凍庫に入れておくとアイスに霜がついてしまうこともあります。

アイスは-18度に保っていれば品質の変化は起きませんが、冷凍庫の開け閉めや霜取りなどでずっと-18度を保つことは難しいです。

温度変化の影響を避けるには冷凍庫の入り口付近にアイスを置かないことですが、家庭用の冷凍庫ではなかなか難しいので、賞味期限を気にして焦って食べる必要はありませんが、それでも早めに消費していった方がより美味しく食べられます。

3. ふるさと納税では珍しい国内産のチーズも充実

国内産のチーズも充実

ふるさと納税で食べられる乳製品の3つ目としてチーズを紹介していきます。

ふるさと納税での相場 寄付金額1万円で330g程度
おすすめの食べ方 ワインと共におつまみとして

チーズにはプロセスチーズナチュラルチーズがあります。

日本で作られているチーズの多くはプロセスチーズで、白カビ・青カビなどの「生きている」状態のナチュラルチーズは外国産であることが多いです。

しかし、ふるさと納税の返礼品では珍しい国産のナチュラルチーズも多く用意されています。

スーパーではなかなか入手できないものばかりなので狙ってみてはいかがでしょうか?

【好み別】チーズの選び方と種類ごとの特徴

今、日本でよく買われているチーズと言えば、

・モッツァレラ
・ブルーチーズ
・カマンベール
・チェダー
・クリームチーズ

などが挙げられます。

これらのチーズをどう使い分けていけばいいのかを見ていきましょう。

【選ぶ際のポイント】

赤ワイン/白ワインに合わせるなら ブルーチーズ、モッツァレラ
そのまま食べるなら カマンベール、チェダーチーズ
料理で使うなら クリームチーズ、モッツァレラ

塩気の強いチーズはワインとの相性がいいです。

逆に料理に使うのは癖が少なくマイルドなチーズの方がどの料理にも合わせやすくなります。

どれもお好みにはなりますが、上記を参考に食べ分けてみるのもおすすめです。

ふるさと納税で届いたチーズの正しい保存方法

チーズは乾燥を嫌うので、乾燥しないようにラップでくるんで保管するのが鉄則です。

たくさん買った時にチーズを冷凍保存する方も多いのではないかと思いますが、チーズの保存に冷凍は向きません。

食感がぼそぼそとして悪くなってしまうので、冷蔵保管して早めに使い切るようにしていきましょう。

4. 近くのスーパーでは手に入らない絶品ヨーグルト

近くのスーパーでは手に入らない絶品ヨーグルト

ふるさと納税で食べられる乳製品の4つ目としてヨーグルトを紹介していきます。

ふるさと納税での相場 1万円の寄付金額で100ml×20個
おすすめの食べ方 朝食やおやつに

有名な牧場で作られたような近くのスーパーでは手に入れにくい各地のヨーグルトがふるさと納税の返礼品では受け取れます。

そういった珍しいヨーグルトだけではなく、ドリンクタイプ、健康に良い成分が入ったもの(R-1など)、はちみつとのセットなどもあるのでお好みに合わせて選ぶことができます。

開封後のヨーグルトは早めに食べるのがおすすめ! 賞味期限はどのくらい?

ヨーグルトの賞味期限はプレーンのものだと長く日持ちがすることも多いです。

しかし、開封してしまったヨーグルトは中に雑菌が入ってしまう恐れがあるので開封後2~3日を目安に使い切るようにした方が安心です。

また、賞味期限内であってもヨーグルトの乳酸菌は生きているため、どんどんと発酵が進んでいくことになります。

そのため、酸っぱくなってしまったり中のホエイが多く浮かんできたりなど風味が変わることもあるため、受け取った後はなるべく早く食べてしまった方が美味しく食べられます。

ふるさと納税の返礼品選びに迷ったら|バターやチーズなどの乳製品詰め合わせがおすすめ

ふるさと納税の返礼品の乳製品をどれにしたら迷った時は詰め合わせを選ぶのがおすすめです。

ヨーグルトやチーズ、バターなどをセットで受け取ることができますよ。

詰め合わせの例を紹介すると、

セット1
・自治体:北海道中札内村
・寄付金額:1万円

■内容量
田楽みそ漬けカマンベール 130g
なかさつないカマンベール 120g
クリームチーズ 150g
十勝野バター 150g
十勝アリゴ 70g

セット2
・自治体:熊本県西原村
・寄付金額:1万円

■内容量/原産地:
牧場の想い(カマンベールチーズタイプ)120g×1
あそ野プレーン100g(ゴーダチーズタイプ)×1
あそ野スモーク100g(スモークゴーダチーズタイプ)×1
あそ野黒胡椒100g(スパイスゴーダチーズタイプ)×1
牧場バター加塩箱入り200g×1

などと、チーズやバターの詰め合わせがあります。

他にも牛乳とヨーグルトのセットなど乳製品を楽しめるものも多くあるので是非探してみてくださいね。

まとめ

ふるさと納税で受け取れる乳製品を紹介して参りました。

ヨーグルトやチーズなど人気の乳製品は単品でも注文できますが、おすすめは詰め合わせで注文することです。

全国の美味しい牧場で作った乳製品のセットなどを受け取ることができるのでお得感もたっぷりです。

スーパーでは買えないような珍しい商品が注文できるのもふるさと納税ならではなので、是非乳製品の返礼品を注文してみてはいかがでしょうか?

ふるさと納税「バター/乳製品詰め合わせ」のおすすめ人気ランキング

ふるさと納税でよく申し込まれている「バター/乳製品詰め合わせ」の返礼品おすすめランキングです。レビュー件数が多い「バター/乳製品詰め合わせ」30品ピックアップして人気ランキングにしています。

※返礼品画像は「さとふる」より