ふるさと納税「人参・大根・他根菜」の人気ランキング!おすすめの「人参・大根・他根菜」定番返礼品をチェック

人参の人気ランキング

ふるさと納税の返礼品から「人参・大根・他根菜」のおすすめランキングをご紹介。人参や大根などの根菜類は健康によく、ふるさと納税の返礼品の中でも人気があります。返礼品の内容は、寄付金6,000円で泥付きレンコン4kgや10,000円の寄付金で野菜ソムリエサミットにて金賞を受賞したグロリア人参10kg、10,000円の寄付金で自然薯800gなどです。「人参・大根・他根菜」の一番人気は泥付きレンコンで、人参やニンニクなどもよく選ばれています。返礼品にはみんなが選んでいる人気商品から健康によく、はずれがない「人参・大根・他根菜」を選ぶのがおすすめです。

秋〜冬が根菜の旬!人参・大根などの美味しい根菜をふるさと納税で食べよう

ふるさと納税では根菜類を返礼品で注文することができます。
どんな根菜類が返礼品で用意されているのかというと、
・人参
・大根
・レンコン
・自然薯
・にんにく
・ショウガ など種類豊富に並んでいます。

また、根菜の多くは秋〜冬にかけて旬を迎えるものが多いです。
旬の時期の根菜は栄養価も高く旨味も増すので、是非旬の時期の根菜を狙ってみていただきたいです。
その為には旬の時期を迎える前の夏頃までには注文を済ませておくようにしましょう。

栄養たっぷりの人参の旬の時期と寄付金額の目安

では、人参について詳しく見ていきましょう。
人参の旬の時期の情報などをまとめていくので、注文する際の参考にしてください。

人参は通年出回っている野菜ですが、旬を迎える秋から冬にかけてが甘みが増すので美味しくなります。
栄養価も冬場は増すのでこの時期の人参を狙うのがおすすめですよ。

人参の正しい保存方法とおすすめレシピ

人参の保存方法やおすすめレシピも紹介していきます。

●賞味期限の目安

人参の賞味期限の目安は2~3週間が目安になります。
ただし、丸ごと保存している場合の日にちなので、切ったら2~3日で消費するようにしてください。

●正しい保存方法

冬場は常温で、夏場は野菜室で保存するのがおすすめです。
乾燥と水気を嫌うので、新聞紙で1本ずつ包んで立てて保存をしておきましょう。

●人参を使ったおすすめレシピ

レシピ1.人参のきんぴら

人参を細く切って、サラダ油を入れたフライパンで炒めます。
油が人参に回ったら、砂糖を振りかけて、酒と出汁で2分ほど煮ます。
最後に香りづけに醤油を回し入れたら、仕上げにすりごまを振って完成です。

人参の量に合わせて調味料の量は調節していきましょう。

レシピ2.人参のマリネ

人参を細長く切って塩を振りかけて水分が出てきたらギュッとしぼります。
水分が絞れたらお酢と砂糖を1:1の割合で混ぜた液を作り、オリーブ油を少し液の中に垂らしたらその中に人参を入れていきます。
1時間ほど漬け込んだら完成です。

和食との相性抜群!大根の旬の時期と寄付金額の目安

次に、大根についても詳しく見ていきましょう。
大根の旬の時期の情報などをまとめていくので、注文する際の参考にしてください。

大根も通年手に入る野菜ですが、旬を迎えるのは冬の時期となります。
秋から冬にかけて、大根はぐんと甘さが増すので旨味と甘みが詰まった大根を味わいたいのであれば秋から冬にかけての時期を狙うのがおすすめです。

大根の正しい保存方法とおすすめレシピ

では、大根の保存方法やおすすめレシピも紹介していきます。

●賞味期限の目安

冬場は1ヶ月程度
冷蔵庫に移したら1週間程度が目安になります。

●正しい保存方法

葉は完全に落とさず2cmぐらい残した状態で新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存してください。

●大根を使ったおすすめレシピ

レシピ1.大根煮

一口大に切った大根を水300cc、お酒100cc加えたものに、醤油・みりんを大さじ2杯、砂糖を大さじ1杯混ぜて火が通るまで煮ていきます。
仕上げにごま油をサッとひと回し入れると風味にコクが出てより美味しくなりますよ!

レシピ2.大根ステーキ

大根を3cmぐらいの厚さに切り、味が染みやすいように隠し包丁を入れておきます。
大根は焼く前にレンジで加熱して中まで火を通しておきましょう。
フライパンにバターとにんにくを入れて香りが出てきたら大根を入れて両面こんがりと焼いていきます。
仕上げに醤油と砂糖で味をつけたら完成です。

泥つき・土付きも人気!レンコンの旬の時期と寄付金額の目安

続いて、レンコンについても詳しく見ていきましょう。
レンコンの旬の時期の情報などをまとめていくので、注文する際の参考にしてください。

レンコンも通年売られている野菜ですが、旬は冬になります。
秋から冬にかけてが出荷量も増えるので狙うのであればその時期を狙うと質のいいレンコンに出会えることが期待できます。

【泥付きは違う?】レンコンの正しい保存方法とおすすめレシピ

レンコンの正しい保存方法やおすすめのレシピを紹介していきます。

●賞味期限の目安

冷蔵庫保存で1週間ぐらいが保存の目安です。
ただし、レンコンは傷みやすい食材なので保存環境が悪ければ1日で傷んでしまうこともあるのです。
必ず冷蔵保存で使う前に状態を見てから調理してください。

●正しい保存方法

泥付きのレンコンを保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫で保存をしていきます。
洗ってあってカットしてある通常のレンコンはラップでみっちと密閉をして冷蔵庫に入れましょう。
レンコンは高い温度を嫌うので必ず冷蔵保存をしてください。

レンコンは使用前に酢水に浸けてあく抜きをするのがおすすめです。
あく抜きをしておくと、変色防止にもなりますし。
酢水に浸けてお酢の風味が移ってしまうのが気になるのであれば普通の冷水でも効果があるので試してみてくださいね。

●レンコンを使ったおすすめレシピ

レシピ1.レンコンのきんぴら

レンコンを薄くスライスして酢水に浸けたら、フライパンにオリーブ油を入れ、にんにくを加えて炒め香りを出していきます。
レンコンに火が通ってきたら、砂糖と醤油を少量加えて味をつけていきます。
仕上げに炒りごまを振りかけたら完成です。

ピリ辛に仕上げたい場合は、初めに鷹の爪を加えてオリーブ油で香り出しをするのがおすすめです。

レシピ2.レンコンのクリームチーズ和え

レンコンを5mmほどの厚さで切り、フライパンにオリーブ油を入れて熱したらレンコンを加え、火を通していきます。
レンコンの中まで火が通ったらクリームチーズを加えて和えます。
クリームチーズが柔らかくなって、レンコンに絡んだら完成です。

レンコンのシャキシャキした食感とクリームチーズのコクが癖になりますよ!

【その他の根菜】ふるさと納税なら自然薯や黒にんにくなどの珍しいものも充実

続いて、自然薯や黒にんにくについても詳しく見ていきましょう。
ふるさと納税には根菜の一種として自然薯や黒にんにくも返礼品として用意されているんですよ。
自然薯や黒にんにくの栄養価などの情報をまとめていくので、注文する際の参考にしてください。

●自然薯と山芋の違い

まずは、自然薯と山芋の違いの違いについて見ていきましょう。
自然薯は日本原産種の芋になります。
そして、長芋は中国原産種の芋です。
粘り気は長芋よりも自然薯の方が強く、香りもよくします。

●黒にんにくとは何か、健康に良い理由

続いて黒にんにくなのですが、黒にんにくの果実は黒くなっています。
これは、白いにんにく高温多湿の決められた一定条件をクリアするところで1ヶ月ほど置いておくことによって熟成して黒くなるという仕組みなのです。

にんにくを熟成させることによって栄養価が高まり、疲労回復効果や老化防止効果、ストレス解消効果などがあることが知られ近年話題にもなっています。

黒にんにくは青森県産が有名!黒にんにくの保存方法と美味しい食べ方

体にいいことで知られる黒にんにくは青森県産のものが有名です。
元々は三重県で開発されたものなのですが、青森県はにんにくの名産地で知られています。
青森県でも黒にんにくを研究し開発を重ね、青森県産の黒にんにくが今では誕生しているのです。

では、そんな黒にんにくの正しい保存方法やおすすめのレシピを紹介していきます。

●賞味期限の目安

保存の状態が良ければ半年程度

●正しい保存方法

新聞紙で包むかジップロックに入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

●黒にんにくのおすすめのレシピ

レシピ1.黒にんにくのキャベツ和え

黒にんにくを細かく刻んで、洗ったキャベツを千切ったものに加えます。
よく混ぜたらごま油とラー油を適量加えて10分ほど置いたら完成です。

レシピ2.黒にんにくトースト

黒にんにく4片が浸かるぐらいの量のオリーブ油を入れて黒にんにくを浸け一晩置きます。
一晩置いたら、黒にんにくとオリーブ油をパンに塗ってトースターで焼くだけ!
こんがりと香ばしい美味しいにんにくトーストが出来上がりますよ。

自然薯は冷凍保存も可能!新鮮なうちにとろろ状にして食べるのがおすすめ

続いて、自然薯の保存方法とおすすめの食べ方についてお話ししていきます。

●自然薯の保存方法

冷蔵保存の場合

乾燥を防ぐためにビニール袋などに入れて保存をしましょう。

冷凍保存の場合

とろろ状にすりおろしたものをジップロックなどの密閉容器に移して冷凍保存しましょう。

●自然薯のおすすめの食べ方

レシピ1.自然薯とろろ

自然薯200gをすりおろします。
そこに水100cc、和風顆粒だし小さじ1杯、味噌小さじ1杯、醤油小さじ1杯を加えて混ぜたら600wのレンジで30秒ほど加熱したら完成です。
驚くほど簡単に作れますが濃厚で美味しいとろろが出来上がります。

レシピ2.自然薯のバター磯辺焼き

自然薯を1cm間隔で切り、フライパンにバターを入れて自然薯を焼いていきます。
自然薯に火が通ったら、少量醤油と砂糖を合わせたものを垂らし入れ絡ませます。
最後に海苔を切ったものを自然薯に巻き付けたら完成です。
自然薯のホクホク感とバター醤油の風味がよく合いますよ!

レシピ3.自然薯のおだんご

自然薯をすりおろしたものに、少量小麦粉と麺つゆを加えて混ぜ合わせます。
オーブンシートの上にスプーンで一口大にすくったら、蒸し器で10分ほど蒸したら完成です。
もちもち食感の自然薯だんごが楽しめますよ!
そのまま頂くも良し、お吸い物に入れてみるも良しです。

人参や大根など!色々な根菜を食べるならふるさと納税の野菜詰め合わせもおすすめ

いろいろな根菜を楽しみたい時は、詰め合わせタイプの返礼品を選ぶのがおすすめです。
1度にたくさんの種類の根菜が楽しめますよ!
では、どんなものがあるのか、さとふるのサイトにて紹介されている根菜の詰め合わせの例を見ていきましょう。

他にも「季節の野菜詰め合わせセット」などを用意している自治体もありました。
季節の野菜なので申し込み時期は基本的には通年で、申し込みから1週間程度で届きます。
秋から冬にかけて申し込むと根菜も詰め合わせの中に入ってきますよ!

まとめ

ふるさと納税の返礼品で受け取ることのできる根菜について紹介して参りました。
根菜類は秋から冬にかけてが旬の時期となりますので、その時期を狙って返礼品を注文すると味も良く栄養価も高い根菜を受け取ることが期待できます。

ふるさと納税「人参・大根・他根菜」のおすすめ人気ランキング

ふるさと納税でよく申し込まれている「人参・大根・他根菜」の返礼品おすすめランキングです。レビュー件数が多い「人参・大根・他根菜」30品ピックアップして人気ランキングにしています。

※返礼品画像は「さとふる」より