ふるさと納税と年収の関係は?300万円~500万円の限度額の目安は

年収

ふるさと納税では寄付金の限度額が年収(所得)と家族構成の組み合わせで変わってきます。だいたい年収500万円なら限度額は5万円程度です。5つの自治体まで寄付できますので1万円x5箇所、という計算ができます。ここでは、ふるさと納税と年収の関係や限度額の目安を紹介します。

ふるさと納税と年収の関係とは?

ふるさと納税と年収は関わりがあるのでしょうか。ふるさと納税は、年収ごとに寄付できる限度額が決められているのです

子どもや結婚の有無によりますが、年収をアップすると納税できる金額も増えます。ここでは、ふるさと納税の年収の関係をご紹介。

年収で「限度額が決まる?」

ふるさと納税をするには、自分の限度額を知らなければいけません。しかし、総務省やさとふるにある「上限額の早見表」には、年収300万円・325万円・400万円といったキリのいい年収が書かれています。

例えば、あなたが年収410万円であれば、ふるさと納税に使えるお金がわかりませんよね?

ここでは、ふるさと納税における限度額の知識やシミュレーションツールを紹介します。

所得によって限度額が違う

ふるさと納税の限度額は、所得によって寄付額が変わります。例えば、年収300万円で夫婦・子供なしの世帯だと、28,000円までのふるさと納税が可能です。

しかし、同じ家族構成で年収1,000円になると、61,000円の寄付ができます。そのため、年収300万円では「神戸牛ビーフ」を1セットしか申し込めませんが、61,000円では、沖縄・美ら海水族館でジンベイザメのシュノーケリングができます。

年収が大きくなると、世界初のジンベイザメシュノーケリングが楽しめます。また、年収300万円から500万円までの限度額は、以下の表をチェックしてください。

500万円~2500万円までの上限額は、総務省またはさとふるなどのふるさと納税サイトを見ましょう。

【ふるさと納税額の限度額(300~500万円)】
年収の右側の各欄が上限金額になります。

年収 シングルと
共働き
夫婦 共働き+子ども
1人(高校)
共働き+子ども
1人(大学)
夫婦+子ども
1人(高校)
共働き+子ども
2人(高校・大学)
夫婦+子ども
2人(高校・大学)
300万円 28,000円 19,000円 19,000円 15,000円 11,000円 7,000円 なし
325万円 31,000円 23,000円 23,000円 18,000円 14,000円 10,000円 3,000円
350万円 34,000円 26,000円 26,000円 22,000円 18,000円 13,000円 5,000円
375万円 38,000円 29,000円 29,000円 25,000円 21,000円 17,000円 8,000円
400万円 42,000円 33,000円 33,000円 29,000円 25,000円 21,000円 12,000円
425万円 45,000円 37,000円 37,000円 33,000円 29,000円 24,000円 16,000円
450万円 52,000円 41,000円 41,000円 37,000円 33,000円 28,000円 20,000円
475万円 56,000円 45,000円 45,000円 40,000円 36,000円 32,000円 24,000円
500万円 61,000円 49,000円 49,000円 44,000円 40,000円 36,000円 28,000円

年収別の控除額とおすすめ返礼品

ふるさと納税の上限額は、年収によって変わります。しかし、自分の収入でもらえる返礼品をわかりませんよね?

ここでは、年収500万円・800万円・1,000万円別のおすすめ返礼品を紹介します。

年収500万円の返礼品例

年収500万円で結婚をしていない人は、61,000円までのふるさと納税ができます。この金額で申請できるおすすめ返礼品は、以下のとおりです。

61,000円でもらえる返礼品

年収800万円の返礼品例

年収800万円で家族を養っている人で、高校生の子どもが1人だと120,000円のふるさと納税ができます。

この金額で寄付できるおすすめ返礼品は、以下のとおりです。

120,000円でもらえる返礼品

フルール盛り合わせやブランド肉のかたまりなど豪華な返礼品が揃っています。

ふるさと納税の寄付額は「年収」で決まる

ふるさと納税の限度額は、年収に左右されるものです。特に、独身または夫婦だけの世帯で収入が高いと、多くの税金を寄付できます。

ふるさと納税をする人は「限度額シミュレーション」でふるさと納税の正しい金額を知りましょう。