ふるさと納税「ハンバーグ」の人気ランキング!おすすめの「ハンバーグ」定番返礼品をチェック

ふるさと納税で人気の「肉」からハンバーグ系返礼品をご紹介します。ブランド銘柄やA5ランクの肉を使ったハンバーグに10~20個のハンバーグの詰め合わせがあります。老舗メーカーの返礼品もあり安心です。ふるさと納税には人気のハンバーグ、定番メーカーから選ぶのがおすすめです。

ハンバーグの返礼品は、どんな特徴があるの?

ふるさと納税でもらえるハンバーグには、3つの特徴があります。

冷凍ハンバーグは、料理がラク

ふるさと納税でもらえる冷凍ハンバーグは、調理しやすいです。食べるときは、冷蔵庫から取り出したら、自然解凍をしてフライパンで焼きます。お好きなデミグラスソースやチャップを付けると完成です。

ふるさと納税では、冷凍されたハンバーグが提供しています。ふるさと納税サイト「さとふる」では「極上ハンバーグ(佐賀県・唐津市)」「ハンバーグ15個セット(北海道・八雲町)」「牛入りハンバーグ(滋賀県・近江八幡市)」などパック詰めしたブランドハンバーグがありました。

「ハンバーグを食べたいけど、調理がめんどくさい」といった人におすすめです。

人気のハンバーグは、5000円~10,000円

ふるさと納税サイト「さとふる」では、口コミの良いハンバーグが10,000円の寄付でもらえます。

例えば、「ビーフ100%の手捏ねデミハンバーグ(福井県鯖江市)」「無添加ハンバーグ10個(奈良県・田原本町)」「老舗の極みハンバーグ12個(佐賀県・唐津市)」といった返礼品がありました。

「無添加ハンバーグ5個(奈良県・田原本町)」のように、5,000でもらえます。約1㎏ぐらいのハンバーグは、10,000円(実質8,000円)で受け取ってみてはいかがでしょうか。

まんぞく定期便にも「ハンバーグ」が登場

ふるさと納税には「まんぞく定期便」といった返礼品があります。これは、1年間に12回(月1回)だけ九州の特産品がもらえるシステムです。

ハンバーグは、毎年7月になると「黒豚のデミグラスハンバーグ(1.5kg)」が自宅に届きます。

他にも「鹿児島の黒牛すきやきセット(1月)」や「鹿児島のしゃぶしゃぶ&とんかつセット(9月)」があるため、味わってみてはいかがでしょうか?

ハンバーグに使われるお肉は?ハンバーグ向けのお肉を学ぼう

ハンバーグに使われるお肉は、牛肉と豚肉を混ぜたものです。(合いびき肉)しかし、お肉の種類によって、ハンバーグの仕上がりが変わります。

ここでは、豚肉と牛肉とハンバーグについて紹介します。

豚肉

豚肉には、「肩ロース」「モモ」「バラ」といった部位があります。そして、ビタミンB1が0.75mgもありました。ビタミンが一番少ない鶏肉に比べると、約0.67mgも多く含まれています。疲れやすい人を回復させるため「仕事や家事で疲れやすい人」におすすめです。

また、ハンバーグを作るときは、スーパーにある「豚ひき肉」を使います。ふわっとしたハンバーグの食感を楽しんでください。

牛肉(ひき肉)

牛肉は、お肉のやわらかさが部位によって異なります。例えば「ヒレ」は、お肉の中でもやわらかいのが特徴がありました。

ハンバーグを作るときは「牛ひき肉」を使います。豚肉のようなやわらかさはありませんが、鉄分が多く貧血になりやすい女性におすすめです。

ハンバーグ作り方とは?5つのステップを覚えよう

ハンバーグは、子どもから大人の大好きなメニューです。白いご飯との相性が良いため、食べすぎてしまいますよね?

ここでは、ハンバーグを作るステップを紹介します。料理ができなくて悩んでいる人にも必見です。

ステップ1:具材の準備

ハンバーグを作る前に、合いびき肉(豚肉&牛肉)・パン粉・玉ねぎの下ごしらえが必要です。

特に、玉ねぎはサラダ脂を使って、フライパン(中火)で温めてください。濃い茶色になるまで玉ねぎを炒めたら、ステップ2に進みます。

ステップ2:ハンバーグの形を作る

ハンバーグを作るには、合いびき肉や玉ねぎをこねます。ボウルを使って、ハンバーグを手で混ぜてください。

合いびき肉がピンク色になったら、1個分のお肉を取ります。ラグビーボールのような形になるまで、左手⇔右手へお肉を投げて空気を抜いてください。

仕上げに、ハンバーグの真ん中を手で触れるように押さえます。これで、フライパンで焼くハンバーグが左右に広がります。

ステップ3:ハンバーグをフライパンで焼く

ハンバーグの形を作ったら、フライパンに少なめの油をひきます。フライパンを中火まで温めたら、やさしくハンバーグを乗せてください。

最初は、片方を弱火で3分ぐらい焼きます。気をつけるポイントは、ハンバーグが崩れないためにフライ返しで押さえてください。

そして、焼き色が付いたら、ハンバーグを裏面に返します。両面にほんのりと焦げ目ができたら、フタをして蒸してください。

最後に、ハンバーグに菜箸を刺します。ジュワーと肉汁が出てきたら、ハンバーグが焼けているサインです。

ステップ4:ハンバーグ用のソースを作ろう

ハンバーグに焼いたフライパンを使い、ソースを作ります。ケチャップなどをフライパンに入れたら、火をつけて煮込んでください。

にんじん・トマト・ブロッコリーを添えて、ハンバーグにソースをかけたら完成です。

ふるさと納税でもらえる「ブランド牛のハンバーグ5選」

ふるさと納税では、ブランド牛を使ったハンバーグが食べられます。スーパーやディスカウントストアで売られているセール品のお肉とは違うおいしさを味わってみてはいかがでしょうか?

それでは、全国で生産されているブランドのハンバーグを紹介します。

佐賀牛(佐賀県)

佐賀牛とは、JAグループ佐賀の管轄で育てられたブランド牛です。赤みがやわらかくて、きめの細かい霜降りが特徴です。

ふるさと納税サイト「さとふる」では「極上ハンバーグ560g(佐賀県・唐津市)」「プレミアムセット極み(佐賀県・唐津市)」「食べつくしセット(佐賀県・江北町)」といった返礼品があります。

「キーマカレー」や「ステーキ」の付いたお得なセットもあるため、試してみてはいかがでしょうか?

オリーブ夢豚(香川県)

香川県といえば、さぬきうどんが有名ですよね?しかし、香川県では100年以上もオリーブが育てられています。

このオリーブを食べているため、オリーブ豚はあっさりとした味付けになりました。ふるさと納税サイト「さとふる」では、生ハンバーグセット2.7kg(香川県・さぬき市)といった返礼品があります。

オリーブ夢豚のハンバーグは、さぬき市しか提供していないため、在庫切れに気を付けてください。

足柄牛(神奈川県)

神奈川が生んだブランド牛が「足柄牛」です。おいしい水と自然の多い神奈川県・足柄市で

育ったお肉で、すくすくと育つために「オリジナルのエサ」を与えています。

このような生産者の努力もあって、2007年には「神奈川県のブランド」として認められました。

ふるさと納税サイト「さとふる」では「かながわブランドの合びきハンバーグ(神奈川県・開成町)」といった返礼品がありました。

たった7000円の寄付で、肉屋さんが作ったブランド牛のハンバーグを食べられます。

豊後牛(大分県)

豊後牛は、大正時代から知られている歴史の長いブランド牛です。2017年には、和牛だけのコンテストである「全国和牛能力共進会」で第1位(種牛の部/しゅぎゅうのぶ)に輝いています。

ふるさと納税サイト「さとふる」では、大分県竹田さんのハンバーグ(大分県・竹田市)や煮込みハンバーグ1.8kg(大分県・別府市)といった返礼品がありました。

10,000円の寄付をすれば、300gのハンバーグが手に入ります。ステーキ風のハンバーグが多いため、ユニークなハンバーグが好きな人におすすめです。

仙台牛(宮城県)

仙台牛は、格付けで「B5」または「A5」のみが名乗れる黒毛和牛.「ササニシキ」や「ひとめぼれ」の稲を食べて、おいしいお肉になります。

ふるさと納税サイト「さとふる」では、ハンバーグ6個入900g(宮城県・加美町)が返礼品を提供していました。

ほかの自治体にない商品のため、寄付のタイミングを逃さないでください。

【評判の高い】ハンバーグの返礼品トップ3

ふるさと納税で評判の良いハンバーグを知っていますか。おそらくお肉屋さんでなければ、評判の高いハンバーグを見つけられないかもしれません。

ここでは、評価の高い3つのハンバーグを紹介します。

第1位:老舗肉屋の特上ハンバーグ

佐賀県・唐津市は、精肉店のブランド牛ハンバーグを提供。60年の歴史があるお肉屋さんが手作業で作っているため、おいしいハンバーグに間違いありません。

1個あたりのボリュームも多いため、食べ盛りの子どもにも喜ばれます。注意点としては、賞味期限が2ヶ月のため、お早めに召し上がってください。

第2位:ビーフハンバーグ&ソースの詰め合わせ

北海道・白老町の温かい気候で育てられたのが「白老牛」。この牛の販売業者が作った牛肉だけのハンバーグです。

他のブランド牛にはない味付けと野菜やフルーツから作ったソースで、食べる人の心をキャッチします。

また、脂身が多いためフライパンで焼くときにサラダ油を使いません。ハンバーグを焦がしてしまう人におすすめです。

気を付けるポイントは、解凍しすぎずにフライパンで焼いてください。最後に、同封されているソースをつけてハンバーグを楽しみましょう。

第3位:老舗の極みハンバーグ12個セット

佐賀県・唐津市の返礼品です。72年の歴史がある「織田精肉店」で人気のあるハンバーグ。佐賀の牛肉と豚肉の合いびき肉が使われていて、1.8㎏とボリュームもあります。

やわらかいハンバーグのため、固いものが噛めない年配の人にもおすすめです。気を付けるポイントは、賞味期限が1ヶ月のため、自宅に届いたらお早めに食べてください。

良いハンバーグを手に入れる5つの方法

ふるさと納税では、多くの自治体がハンバーグの返礼品を提供しています。ふるさと納税サイト「さとふる」で調べたところ、923件(2019年1月17日現在)の返礼品が見つかりました。

これでは、どれが良いハンバーグなのかわかりませんよね?ここでは、ハンバーグを選ぶ5つの方法を紹介します。

その1:口コミの良いハンバーグを選ぶ

ふるさと納税でハンバーグを選ぶときは、口コミの良いハンバーグを選んでください。なぜなら、寄付をした人の評価が良いためです。

ふるさと納税サイト「さとふる」で探すときは「おすすめ順」や「レビュー評価順」にして、ハンバーグを検索してください。

そうすれば、口コミが良い・多い商品が見つかります。

その2:ハンバーグのボリューム(グラム数)で選ぶ

ふるさと納税のハンバーグでは、寄付金額ごとにグラム数が異なります。例えば、5000円の寄付でもらえる「無添加ハンバーグ」は5袋ですが、50,000円の「オリーブ牛ハンバーグ」は9袋です。

すべての商品ではありませんが、返礼品のボリュームを重視するなら「寄付額の高い返礼品」を選んでください。

ただし、収入によって限度額が(自己負担2,000円で寄付できる金額)は違います。ふるさと納税サイト「さとふる」などのシミュレーションツールで調べましょう。

その3:ユニークなハンバーグを選ぶ

ふるさと納税のハンバーグは、種類が豊富です。例えば「冷凍パックのハンバーグ」「カレー付きのハンバーグ」「ステーキとハンバーグセット」があります。

いくつかの自治体に寄付をして、さまざまなハンバーグを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その4:返礼品の紹介内容が詳しい

ふるさと納税サイトで良いハンバーグを選ぶには、返礼品の商品紹介をチェックしてください。

口コミのよい自治体のハンバーグは「作った人の声」「個数」「素材」「注意点」と書かれています。しっかりと紹介文が書いてある自治体なら、寄付をしてみてはいかがでしょうか?

その5:口コミが具体的

ふるさと納税で良いハンバーグを見つけるには、口コミの内容をチェックしてください。例えば、老舗肉屋の特上ハンバーグは881件(2019年1月17日現在)の口コミがあります。

口コミの内容も「肉汁があってジューシーでおいしい」とか「真空パックのため、冷蔵庫に入った」など具体的に書かれています。

「おいしかったです」や「すぐに届きました」といった短文の口コミよりも信憑性があり、おいしいハンバーグを食べられます。

こちらもどうぞ!返礼品「肉」のおすすめランキング

肉では和牛の切り落としが人気ですが、その他にもボリュームでお得感があるすき焼き、鶏肉、ハム・ソーセージが良く選ばれています。

ふるさと納税「牛肉」の人気ランキング!おすすめの「牛肉」定番返礼品をチェック ふるさと納税「すき焼き」の人気ランキング!おすすめの「すき焼き」定番返礼品をチェック ふるさと納税「鶏肉」の人気ランキング!おすすめの「鶏肉」定番返礼品をチェック ふるさと納税「ハム・ソーセージ」の人気ランキング!おすすめの「ハム・ソーセージ」定番返礼品をチェック

ふるさと納税「ハンバーグ」のおすすめ人気ランキング

ふるさと納税でよく申し込まれている「ハンバーグ」の返礼品おすすめランキングです。レビュー件数が多い「ハンバーグ」30品ピックアップして人気ランキングにしています。

※返礼品画像は「さとふる」より