ふるさと納税「羊肉・ラム・ジンギスカン」の人気ランキング!おすすめの「羊肉・マトン・ジンギスカン」定番返礼品をチェック

ふるさと納税で人気の「肉」の中から羊肉系をご紹介します。「羊肉」の返礼品には焼肉用のジンギスカン、ラムしゃぶセット、ラムのステーキ、ホルモンセットがあります。寄付金は1万円が主流で高くても3万円程度。ふるさと納税では手頃な価格帯の返礼品が多い「羊肉」を選ぶのがおすすめです。

羊肉のラムとマトンの特徴と違い

1.ラム

ラム(仔羊)は、ジンギスカンのお肉として知られています。体をポカポカとさせる効果があり、冬に食べるのがおすすめです。

ラムと呼べるものは、生まれてから1年未満の子羊に限られます。やわらかい肉でクセが少ないのが特徴です。

ふるさと納税サイト「さとふる」で「ラム」で検索すると「焼き肉用ラム肉(福岡県・須恵町)」「ラム肉のジンギスカン(北海道・当別町)」「 北海道民が愛するラムスライス(北海道・平取町)」などの返礼品がありました。

2.マトン

マトンは、 ラムよりも育てる期間が長くなります。10ヶ月~2年近くも飼育するため、ラムよりも高い金額で中です。

マトンのブロックは「ステーキ」「カレー」「ジンギスカン」に使われています。コクのある味が好きな人におすすめ。

ふるさと納税サイト「さとふる」で「マトン」で検索すると「マトンロースのジンギスカン(北海道・旭川市)」「味付けマトンのジンギスカン(北海道・滝川市)」「 マトンモモスライスが入った焼肉セット(長野県・飯田市)」などの返礼品がありました。

羊の品種は3種類!サフォーク種・ロムニー種・テクセル種

サフォーク種

サフォークは、イギリスのサフォーク州で生産された羊。病気に強い体に育ちが早く生産性が高いと言われています。また、顔や足の色が黒いため「パンダ羊」といった呼び方もあります。

ふるさと納税サイト「さとふる」で「サフォーク」で検索すると「北海道が生んだサフォークラム(北海道・千歳市)」などの返礼品がありました。

ロムニー種

ロムニーは、イギリス・ケント州のロムニーで生まれた羊です。ニュージーランドで育てられた羊の半数は「ロムニー」です。日本のカーペットには、70%近くのロムニーが使われています。

食用としても使われるため、味わってみてはいかがでしょうか?

テクセル種

テクセルは、オランダ生まれのお肉です。19世紀~20世紀頃にいまの品種に変わりました。テクセルの肉は、甘みがあって臭みがありません。

また、アサヒビールの工場では「動産テクセル」いったメニューで販売しています。北海道でも食べられるお店が限られているため、観光や出張したときに食べてみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税では「羊肉やジンギスカンのブランド」がおすすめ!

「羊肉の有名なブランドはあるのか」と考える人もいますよね?この記事では、ブランドとして売り出している羊肉を紹介します。

1.南三陸わかめ羊(宮城県・南三陸町)

南三陸わかめ羊は、東日本の大震災から復活を目指す「さとうみファーム観光」が作ったブランド羊肉です。

名前のとおり、この地域で育った羊には「わかめ」をエサにしてるため、ミネラルと塩分が多く含まれています。

そのため、おいしい羊肉になるのが特徴。さとうみファーム観光によると、南三陸わかめ羊はわずか10頭しか飼育していないため「珍しい羊」です。

いまでは、「サンライズ(東京・麻布十番)」や「なみかた羊肉店(山形県・米沢市)」といった人気のお店も注目しています。

2.富草サフォーク(長野県・阿南町)

富草ひつじは、長野県の南端にある「阿南町・富草エリア」で飼育されたブランド羊です。育てる羊の数も限られているため、多く生産される肉ではありません。

育てるときも、自然のある牧場に放牧しながら、信州のお米をエサにして良い羊肉を目指しています。

そのため、食べたときにやわらかくてうま味を感じられるのです。富草サフォークを食べるときは、フライパンやフレートを使って「ジンギスカン」にしてください。

3.鹿肉ジンギスカン(北海道・稚内市)

鹿肉ジンギスカンは、北海道の北部にある豊富町で獲られる「エゾ鹿肉」を使ったジンギスカンです。

養殖ではなく、狩りをして生きている「自然のエゾ鹿」です。ジンギスカンのタレにつけるとおいしく食べられます。

また、カロリーが牛肉や豚肉よりも少ないため「お肉を食べたいけど、体重が気になる女性」や青魚に多いDHAも多いため、お子さんのいるファミリにおすすめ。

ふるさと納税サイト「さとふる」で鹿肉ジンギスカンと検索したら「えぞジンギスカンセット(北海道・当別町)」がヒットしました。鹿肉ジンギスカンは上記の返礼品しかないため、在庫切れに注意してください。

4.日乃出ジンギスカン(北海道・日之出食品)

日乃出ジンギスカンは、1頭から500gしか取れないラム肉の肩ロースを使い、秘伝のタレに手でちぎった羊肉を入れています。やわらかい肉とタレのバランスが良い商品です。

ふるさと納税サイト「さとふる」で日乃出ジンギスカンで検索すると「ジンギスカンは食べ比べセット(北海道・旭川市)」「アイスランド ラムジンギスカン2パック」「ラム肩ロースジンギスカンセット」といった3つの返礼品が見つかりました。

2018年1月11日現在では、寄付できる商品が4点のみです。2019年5月~6月に発送される商品は、申込できないため気をつけてください。

人気の羊肉とおすすめの食べ方とは?

ふるさと納税の羊肉では、ロース・モモ・スモークなどのタイプがあります。ここでは、人気のある羊肉とおすすめの調理法をご紹介。

【人気の羊肉とおいしい食べ方】

▼スペアリブ(羊の胸)

スペアリブといえば、豚肉や牛肉をイメージしますよね?日本では見かけることは少ないですが、ラムのスペアリブもあります。

このスペアリブも骨で出来ている部分も多いですが、脂身もあっておいしいです。食べるときは、ハッシュドビーフのような煮込みやバーベキューの材料におすすめ。

▼ショルダー(羊の肩)

肩ロースは、脂肪が多く羊らしい臭いを感じられます。食べるときは、脂肪を取り除いてから調理をしてください。肉がかたいため「カレー」や「シチュー」といった煮込み料理におすすめです。

ふるさと納税サイト「さとふる」”で羊肉・肩を検索すると「ラム肩ロース&牛タンセット(山形県・河北町)」「ジンギスカン贅沢セット(北海道・旭川市)」「ラム肩ロースブロック(山形県・河北町)」の返礼品がありました。

ほかのお肉とセットで出品されているお礼の品が多いです。

▼ラック(羊の背中)

ラックは、羊の背中にある部位です。加工する前のかたまりがメガネに近いため「サドル」といった呼び方もあります。

脊髄に2つで分けた状態を「フレンチラック」、肋骨を切り分けたものが「チョップ」です。

食べるときは、ステーキなどの焼く料理におすすめ。

▼レッグ(羊のモモ)

レッグは、羊のモモに当たる部位です。脂肪が少なくて羊の臭みが少ないため、羊肉を食べたことがない人におすすめ。

部位別の呼び方は、カットする前のかたまりを「ボンレスレッグ」や「イージーカーブ」といいます。すねの部分は、煮込み料理に使われています。

ふるさと納税サイト「さとふる」”で羊肉・ラムを検索すると「滝川市の返礼品で大人気のラムセット(北海道・滝川市)」といった返礼品が見つかりました。

▼ショートロイ(羊の腰)

ショートロイは、羊の腰に当たる部分です。背であるラックとともに「ロングロイン」といった呼び方もあります。

ステーキ屋さんで食べられる「テンダーロイン」もショートロイの1つです。

▼フランク(羊のおなか)

フランクは、羊のおなかに当たる部位です。脂肪が多いため「バラ肉」言われています。食べるときは、トルコの料理として有名な「ケバブの具」におすすめです。

【ジャンル別】羊肉を使った返礼品の寄付金とボリュームの相場

1.ジンギスカンの寄付金とボリュームの相場

羊肉といえば、北海道の名物である「ジンギスカン」をイメージしますよね?ふるさと納税サイト「さとふる」”で羊肉・ジンギスカンで調べると「138件の返礼品」が見つかりました。

ジンギスカンで人気の高い返礼品の「寄付金額」と「内容量」はコチラ

【ふるさと納税でもらえるジンギスカン5選】

自治体名 品名 内容量 寄付金額
旭川市(北海道) ジンギスカン食べ比べセット 500g 10,000円
森町(北海道) ジンギスカン用のロースハム 1.0kg(タレ・ジンギス汗を除く) 17,000円
厚真町(北海道) あづまジンギスカン 1.45kg 10,000円
旭川市(北海道) 味付ジンギスカン 1.2kg(ワサビを除く) 10,000円
安平町(北海道) みそジンギスカン 1.6kg 10,000円

10,000円の寄付をすれば、1.6kg前後のジンギスカンがもらえます。また、ジンギスカンにも味が付いたタイプなどさまざまな種類がありました。

ぜひ、ふるさと納税を通してジンギスカンを試してみてはいかがでしょうか?

2.ラムのステーキの寄付金とボリュームの相場

ラムは、脂身が多いためステーキに使える食材です。ふるさと納税サイト「さとふる」”で21件(2018年1月9日現在)の返礼品がありました。

ラムのステーキで人気が高い返礼品の「寄付金額」と「内容量」はコチラ

【ふるさと納税でもらえるラムのステーキ5選】

自治体名 品名 内容量 寄付金額
阿蘇市(熊本県) ラムステーキ・バラ焼き肉セット 400g(バラ肉の焼き肉を除く) 27,000円
平取町(北海道) ラムハンバーグとステーキ 270g(ラムハンバーグを除く) 10,000円
滝川市(北海道) 骨がついたラムステーキ 600g 20,000円
平取町(北海道) 北海道ラム祭りセット 270g(ラムハンバーグ・スライス・ジンギスカン・ラムしゃぶを除く) 30,000円
平取町(北海道) 北海道ラム肉づくしセット 240g(ラムハンバーグ・スライス・ジンギスカン・ラムしゃぶを除く) 50,000円

10,000円で270g前後のラムのステーキが手に入ります。ラムのハンバーグやしゃぶしゃぶとセットの返礼品が多く、寄付金額が20,000円~50,000円と高めです。

シミュレーションツールを使って、自分の限度額を調べてください。そうすれば、自己負担を上回ることはありません。

3.ラムのしゃぶしゃぶの寄付金とボリュームの相場

ラムのしゃぶしゃぶは、ジンギスカンと並んで北海道を代表する料理。キャベツや玉ねぎなどの野菜と一緒にしゃぶしゃぶするとおいしいです。

ふるさと納税サイト「さとふる」”でラムのしゃぶしゃぶを調べると、4件(2018年1月9日現在)の返礼品がありました。

ラムのしゃぶしゃぶで人気が高い返礼品の「寄付金額」と「内容量」はコチラ

【ふるさと納税でもらえるラムのしゃぶしゃぶ4選】

自治体名 品名 内容量 寄付金額
平取町(北海道) ラムしゃぶ3パック 1.35kg

(タレを除く)

10,000円
千歳市(北海道) ラムしゃぶしゃぶセット 1.5kg

(タレを除く)

15,,000円
釧路市(北海道) らむしゃぶ2パック 1.0kg 10,000円
川場村(群馬県) ラムしゃぶセット大 1.5g

(タレを除く)

10,000円

ふるさと納税の羊肉を選ぶには?おいしい羊肉を選ぶ3つの方法!

ふるさと納税で羊肉を選ぶときは「限度額」が気になりますよね?なぜなら、収入によって寄付できる目安が決められているためです。

しかし、羊肉の返礼品を選ぶなら、良い羊肉を見つけたいですよね。そう考えているなら、以下のような3つのポイントをチェックしてください。

【ふるさと納税で良い羊肉を探す3つの方法】

▼ブランド豚で口コミが4.7~5.0
  (例:口コミが4.8のジンギスカンセット)

▼口コミのない返礼品は避ける
(例:評価が0件の羊肉)

▼実績のある販売者か
(例:旭川で47年目の老舗です。)

ブランドだけで選ぶのではなく、販売会社の経歴も考慮してください。

ふるさと納税「羊肉・ラム・ジンギスカン」のおすすめ人気ランキング

ふるさと納税でよく申し込まれている「羊肉・ラム・ジンギスカン」の返礼品おすすめランキングです。レビュー件数が多い「羊肉・ラム・ジンギスカン」30品ピックアップして人気ランキングにしています。

※返礼品画像は「さとふる」より

こちらもどうぞ!返礼品「肉」のおすすめランキング

肉では和牛の切り落としが人気ですが、その他にもボリュームでお得感があるすき焼き、鶏肉、ハム・ソーセージが良く選ばれています。

ふるさと納税「牛肉」の人気ランキング!おすすめの「牛肉」定番返礼品をチェック ふるさと納税「すき焼き」の人気ランキング!おすすめの「すき焼き」定番返礼品をチェック ふるさと納税「鶏肉」の人気ランキング!おすすめの「鶏肉」定番返礼品をチェック ふるさと納税「ハム・ソーセージ」の人気ランキング!おすすめの「ハム・ソーセージ」定番返礼品をチェック